「可愛いね=ヤリたい」思っている以上に男は浮気相手を軽く見てます

季節の変わり目やクリスマスなどのイベントの時期になると人肌が恋しくなる瞬間があります。
独り身の寂しさが身にしみて、優しくしてくれる誰かの側に居たいと考えたり、寂しさを埋めてくれる人の温もりを求めたりもしてしまいます。
そんな何となく寂しい気分で過ごしている時に「可愛いね」と声を掛けてくれる男性につい気持ちが動いてしまう女の子は少なくありません。

相手の男性に彼女がいると知っていて、浮気だと分かっていても気持ちを止められなくなる人はたくさんいます。
そのような女の子の赤裸々な告白を聞いていると、どれだけ自分の想いが真剣で、相手の気持ちを信じているのかが痛いほど分かります。
しかしながら、そのような女の子の赤裸々な告白を聞いていると、浮気をしている男性の本音も見えてくる現実もあるのです。

可愛いと自分を褒めてくれたり、一緒に居る時に優しくしてくれたり、愛の言葉をささやいてくれたり・・
そんな嬉しいことを言ってくれる男性についほだされて、相手に彼女がいると分かって自分が浮気だと知っていても、心も体も許してしまうのです。

寂しい気分でいた時に、優しい言葉を掛けてくれたり、肌を重ねてその温もりを感じてしまうと、浮気と分かっていても気持ちを止められなくなって相手に夢中になってしまいます。
そのような男はどれだけ自分を愛しているか、自分を浮気相手にしてしまっている苦悩を簡単に話してきます。
彼女と上手く行っていない状況を話して、自分といるとどれだけ心が安まるかなどをとくとくと話します。

自分が浮気相手の存在と分かっていても、夢中になればなるほど相手の男の言葉は真実味を帯びて信じたくなります。
可愛いねと声を掛けてきてくれたことを思い出して、いつか自分が本命になれることを信じて相手の言いなりになってしまうのです。

しかしながら、実際の男の本音を見てみると、女性が思っている以上の男は浮気相手を軽く見ていることが多く、単にヤリたいだけの場合が少なくないのです。
男が可愛いと声を掛けてちょっと喜ぶようなことを言うだけで、自分になびく様な女を軽い女と思っているのです。
男は勝手なもので、可愛い女の子であれば彼女以外とでもヤリたいと思って浮気をするくせに、自分の彼女は軽い女は嫌なのです。

要するに、自分が誘えば簡単に浮気相手になってしまうような女の子を軽い女と考えており、自分の都合の良い相手としか見ていないのです。
浮気相手としては自分にとって都合がいい扱いをしながらも、本命の彼女として考えることはほとんど無いと言っても過言ではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です